リングの形に溶接し、木槌で叩いて成形します。
この状態では削ったところがちくちくして痛いので、
痛くないように4種類のやすりを使い分け削り磨きあげていきます。
肌に触れるものなので丁寧に丁寧に。