はなもっこができるまで
前へ 金で点を打つ 次へ

時間の指標となる12個の点を金泥という純金の絵具で描きます。
少しでもずれると時計として使いにくくなってしまうので非常に神経を使う作業です。